Lacie Desktop Porsche P9230 分解・ドライブ交換

  

ポルシェデザインの5mm厚の分厚いアルミの外装で堅牢性が高いイメージがある、LACIEの外付けハードディスクのDesktop Porscheシリーズを分解して、ドライブを交換してみました。
(このガワのためだけに結構な差額を払ったものです。とはいえ外付けハードディスクは放熱性勝負なんで、アルミ外装とかはポイント高いと思います)

手元にあるのは、USB3.0 対応の1TBモデル LCH-PS1TU3S が2台。
Macに合わせたシルバーのP9233という商品もあります。以前はUSB 2.0にのみ対応のP9231でしたがモデルチェンジしているようです。

P9230 ガンメタリック USB3.0 LCH-PS1TU3S (1TB) / LCH-PS2TU3S (2TB)
P9233 シルバー USB3.0 LCH-PS020U3/M (2TB) / LCH-PS030U3/M (3TB)
P9231 シルバー USB2.0 LCH-PS1TU/M (1TB) 生産終了

まず、見渡す限りビスがなく、(裏のゴム脚はいかにもビス隠れてそうですが)アルミの外装のためたわめてどうこう、っていう構造ではないと思うので

p9320_01.jpg

こちらの穴みたいなところに注目。


p9320_02.jpg

ドライバーを差し込んで、写真で奥を下に下げるようにするとツメが外れたような手応えがかすかにあります。
2箇所あるので交互に押し下げるとカパッとアルミのカバーが外れます。

p9320_03.jpg

こんな感じのツメになっているようです。
(ツメの構造が分かっていれば楽勝ですね)

p9320_04.jpg

ちなみに後ろ側はこんな感じに引っかかっています。
ハードディスクドライブと、アルミの外装が接していないのはちょっと残念です。
厚みを合わせたスペーサーかなんかで熱を外装に伝導させることができたらいいな、と思いますね。

p9320_05.jpg

外したら、今度は裏のゴム脚をはがすと、やはりビスです。この位置はドライブを固定しているのに間違いありません。
ゴム足は両面テープ固定なのでベリベリはがしてしまいます。まあ数回ならそのまま貼り直せそうです。

p9320_06.jpg

全部で4箇所です。2本ずつ頭の大きさが違いますが、どんな意図があるのかはよくわかりません。
まあ、元通り戻せばいいだけの話です。
(ちなみにプラスチックだけの穴の方が頭の小さいビスです)

p9320_07.jpg

ドライブはコネクタを外す方向にケース内で5mmぐらいずらせばSATAコネクタ部が外れるので取り出せるようになります。

p9320_08.jpg

なお、その際に保証が無効になるシールがはがれますが、この作業をしておいて何を今さら、と。

適当なSATAハードディスクなどに入れ替えてもとの手順で戻せばハードディスク交換完了です。

あとは、初期設定ツールでフォーマットしたときのアイコンファイルなどをリストアすれば元通りです。
(しなくてもいいけど)
LaCie Desktop Porsche P'9230 を再フォーマットしたあとアイコンを元に戻したい (きりしま屋)

ということで古くなって中途半端な容量になってしまった外付けハードディスクが最新の容量でよみがえります(笑)。

2013/4/28追記
DSC01075.jpg
SATA-USB3.0変換チップはASM 1051らしいです。
ファームウェアによって、3TB対応しているものもありそうです。

海外の製品では3TBモデルもあるみたいですが、見た目が一緒でもファームウェアが違ったらアウトなんでなんとも。
(ASM 1051のファームウェアを書き換える記事もあるようですが)

LaCie - LaCie Porsche Design P'9230

上記サイト内に

LaCie Win USB Firmware Updater
Posted: September 10, 2012

というのがあり、実行してみると、アップデートの適用が可能なようです。

p9230_updater.jpg

が、

匿名(笑) : USB3.0 HDDケースのファームウェアアップデート

で紹介されている

www.station-drivers.comのASMediaのページ

を見る限りは、

Version 121005.01.00.00 Pour Windows firmware 13/01/13

でないと3TBにならないようです。(「Support hard drive of 3TB」の記述がこれ以降)
上記のLaCiEのアップデータに入っているファイルによると、

ASM1051.10.03.16.00.1f.17

へのアップデータのようなので、かなり古い感じがします。
(私の手持ちは 100316001f13 でした)

Station Driversの
Version 130220.81.F6.02 Pour Windows firmware 23/03/13
のアップデータを実行してみたところ、認識されるので、ファームウェアの更新はできるかも知れません。
(が3TBのドライブがないので実行しても成果が確認できないためやってません)

p9230_100316001f13.jpg

関連エントリ:
LaCie Desktop Porsche P'9230 を再フォーマットしたあとアイコンを元に戻したい
Lacie Desktop Porsche P9231
PS3 に外付けHDDを増設

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1364

コメント (5)

7575:

こんにちは 貴重な情報をありがとうございます^^
質問ですが、こちらは3TBのHDDも認識するかご存知でしょうか?

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

コメントありがとうございます。

あいにく、
3TBのHDDは手持ちがないので
確認することができません。

7575:

詳細情報感謝いたします。
ただいま本品をオーダー中ですので届きましたら報告させてください!

7575:

こんばんは
注文した1TBの9230が届きました。
さっそくファームを確認したところ、1051と書いてあるべき所がLaCieと記載されていた為に箱を開けチップを確認したところチップの上にシールが張っておりチップ詳細を確認する事ができませんでした。
試しにそのまま3TBのHDDに換装したところ無事に3TBを認識してくれました。
(そのHDDは既にNTFSフォーマット済みでしたが、未フォーマットのHDDと表示されてしまい、再度フォーマットをしたところ無事にHDDが認識されました。)
以上3TB換装報告となります^^

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

ご報告ありがとうございます。

LaCieの英語サイトだと、
2TB、3TB、4TBの商品がラインナップされていますので、
現行としては対応できているのでしょうが、
この商品の中身はじわじわと変わっているような気がしましたので、
1TBの商品でも無事換装できてなによりでした。

ちなみにチップには(A)っていうシールが貼ってあって、
はがして確認しています。

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2013年03月27日 15:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「SSD RAID」です。

次の投稿は「SS900 点検へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM