Russell Hobbs パーソナルコーヒーメーカー 10973JP

会社ではインスタントコーヒーがメインでしたが、お湯の供給元が、水道からジャージャーいれた水道水をポットでわかしたお湯で、水垢とかひどいのと、水道から直接だとあまりにまずい水なので、ブリタの浄水器を会社に持ち込んでいるわけで、コーヒーのお湯もちょっとなあ、と思って考えて、パーソナルコーヒーメーカーを導入することにしました。

russell-hobbs-00.jpg
Russell Hobbs パーソナルコーヒーメーカー 10973JP



値段はあまり高くないのと、サーモマグがついているというので買ってみましたが、コーヒーがぶ飲み党の自分にはちっと小さいです。

さて、

コーヒーメーカー選び

で披露した持論はどう活かされているかというと、

通常のコーヒーメーカーの○人用、という表記で考えると、マグカップは2人分ぐらいある

1人用だと、マグカップだと0.5杯、というところです。
ちょっと1回の量が足りません。

メッシュフィルターしか使えないので、コーヒーの微細な粉が下に落ちてしまうのには閉口しました。

russell-hobbs-01.jpg

ナイロンメッシュフィルターで、コーヒーの微細な粉がカップに落ちてきて、最後の一口は渋くて飲めません。

抽出が終わったあと、メッシュのバスケットを外して粉を捨てて洗うのを考えても不便でした。

1杯ごとに粉を捨てに行くのはかなーり面倒です。

……全然活かされていませんな。

あと、抽出時に結構飛び散ります。

russell-hobbs-04.jpg

まあ、Amazonの口コミ等にも書いてあったのである程度は覚悟していたのですが、

russell-hobbs-03.jpg

紙でこうやってバリケードを作らないと、会社の机の上が、茶色い飛沫で悲惨なことに。

それから、粉がちょっと多いと小さなフィルターバスケットからあふれて、

russell-hobbs-02.jpg

こんなハメになります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1145

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2009年12月13日 23:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「sonic solutions DLAの互換性に問題があります」です。

次の投稿は「Melitta コーヒーメーカー プレビア ミニ JCM-333/B」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM