Shuriken 2008 のアカウント設定が消えた

自宅の Windows Vista Ultimate 64bit のメールソフトを Shuriken 2009 に更新しようと、直前のメールチェックのつもりで Shuriken 2008 を起動したところ、ユーザーデータの保存先を指定するように要求される…。

なんで?

メールのデータ自体は残っているようなので、ちょっと前のバックアップデータでリカバリするのもいやなので、


現在のフォルダをバックアック。

Shuriken 2008を起動して、保存先を指定し直す。
(元のデータはなくなるので、バックアップとは違うフォルダにする必要有り)

ダミーのアカウントをMailboxの数だけ登録。

バックアップに iobox というファイルやフォルダがある場合は、
そのアカウントで送受信箱フォルダを有効にしてから、 Shuriken 2008 を終了します。

バックアップからそれぞれのアカウントのフォルダをすべて上書きコピーします。

Shuriken 2008 を起動すると、メールのデータが元通りになります。

復元されたメールのデータを確認して、該当するメールアカウントを設定して行きます。

なんだろうなあ。
メールのアカウント設定だけバックアップってなかったかなあ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1082

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2009年03月14日 17:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「録画用パソコンSSD化」です。

次の投稿は「Majestouch イタリアンレッド」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM