Windows Home Server RC1

家庭用のサーバー、Windows Home ServerのRC1がテストできるのでダウンロードして、手元のhp dc7100SFにインストールしてみた。

ダウンロード:Microsoft Connect: June 12, 2007 We have just reached a new milestone, Release Candidate 1!

英語ページですが、

Click here to sign up for the Windows Home Server RC

をクリックして、
Windows Live ID(Windows Messenger使うために持ってる)でログインし、
簡単なアンケート(英語)にテキトーに答えるとダウンロードページにたどり着けます。
あんまり複雑な画面展開でなく、時折日本語化されてるのでなんとかなるかと思います。
(くわしくは専門のサイトが紹介するでしょう)

ディスクイメージのisoは、Microsoftのダウンロードマネージャーでダウンロードします。

Windows Vistaの時のように殺到していないせいなのか、ちょっと席を外していたら、1.4GBものファイルがわりとあっさり落ちていた。
むろんDVD-Rに焼いて、DVDから起動できるPCでなくてはインストールできません。

ということで、インストールするPC(hp dc7100SF)は、Windows Home Serverの想定しているロースペックではないが、インストールメディアがDVD-Rなもので、もう1台のテスト用のマシンはブートすることすらできないというわけ。
(あとでどっかからDVDドライブ調達してやってみるということで)


さて、Windows Home Serverの機能はというと、

クライアントPCの自動バックアップ
共有フォルダ機能
インターネットからのリモートアクセス

のよう。

セットアップ自体は特に問題なく完了。
パスワードが、「7文字以上」「大文字と小文字が混ざること」などウルサク、しかも無視して条件を満たさないパスワードを強行できないのには困った。
世界中のホームユーザーは、基本的にパスワードを覚えられない、というレポートがマイクロソフトにはないのでしょうか?

だからこそ、Windowsにパスワードを設定していない人がたくさんいるというのに…。

まあ、インターネットからのリモートアクセスのためにはしょうがないのでしょうが、パスワード決めるのって大変なんですよね…。

パスワードを忘れちゃったらどうなるの?
っていうヘルプへのリンクが表示されていたみたいですが、どうせ無視できないので、読まずに条件を満たすパワードに変更。

クライアントコンピュータに移動して、DAEMON Toolsで、
Windows Home Server RC - Connector Software CD.iso
をマウント、そしたら自動起動で
.NET 2.0 Frameworks
をインストールさせられて、
Connector Softwareがインストールされた。

でも接続できないので、Home Serverを見に行くと、「ローカルでいじくると、Home Serverをぐちゃぐちゃにするのは簡単だよ」っていう警告画面が出ていますが、Windows 2003 ServerベースのOSということなので、さっくり無視して、
スタートからマイコンピュータ右クリック、プロパティでデバイスマネージャーを表示。
ネットワークアダプタと、オーディオが認識されていないので、hpのサイトから、Windows XP用のドライバーをダウンロードして、USB接続したHDDからドライバーを送り込んで検出させる。
無事検出されたのでよしとする。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2007年06月15日 14:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デジカメ買った。GR Digital」です。

次の投稿は「父の日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM