ポータブルワイヤレスサーバー WG-C20

iPadを使ってて、USBメモリ内に必要なデータがあって取り出せなかったとき、なんとかしたいな、と思った。

正攻法だと、

Lightning - USBカメラアダプタ

あたりを使うんだろうけど、結構するのと、30pinのときとちがって、SDカードリーダーと別々に買うことになってしまっていて、しかも、Lightningコネクタの強度上か、ちょっとケーブルがあってダサイので、なんか他のないかな、と考えていたところ、

こんな商品が気になり始めた。

こういうのを使うには、アプリが必須なので、アプリのデキはどうなんだろう、なんて調べているうちに、

ポータブルワイヤレスサーバー WG-C20

が浮上。ソニー製品なんでAndroidだけなのかな、と思ったら、発売後にiOS版のアプリも出ている模様。

おでかけ転送用アプリも:ソニーのポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」がiOSを正式サポート - ITmedia LifeStyle

File Manager for WG-C20

単体で無線LANのネットワークを作れるけど、無線ルーターなどのクライアントとしても接続できるらしいので、インターネットとこの機械で排他にならないのはよさそう。


DSC00711.jpg

USBメモリ挿したところ。
まあ、USBメモリは常用する考え方じゃないんだろうなあ、と。

あと、本体とUSBメモリの裏表が反対になってる気がする。
べつにいいけど。

DSC00715.jpg

インジケーターはこんな感じでLEDが光るだけ。

左から、給電・バッテリー・無線LAN・データアクセスらしい。

WiFi接続でフツーにファイルサーバー的に共有フォルダとしてSDカード、USBメモリが見えるので、共有フォルダにアクセスできるアプリを使えば、USBメモリ内のファイルを取り出すことができます。

これで目的は達成していますが、動画ファイルとか突っ込んどくと、専用アプリ以外にも、DLNAサーバーとして動くので、DLNAクライアントで再生することが可能です。

なにがどう違うのか分かりませんが、再生のスムーズさでは専用アプリの方に軍配が上がります。

あんまり機能がないので、ただ見る以外の操作は不便ですが。

あと、ファイル名が長いと全部表示する場所がなくてちょっと不便。

  

あと、nasneから録画をムーブするのに、SeeQVault対応のメモリーカードが必要らしいけど、

とりあえず買わないでいいや。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1429

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2014年02月26日 23:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PSVITA充電用変換コネクタ」です。

次の投稿は「FreeNAS 9.2.1.2 Release」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM