年賀状ソフト選び

自分の年賀状作成に追われてて、公開できてなかったエントリを今頃。
ネタ的にも遅いと思うけど。

Windows版の年賀状ソフトに関しては、
筆まめ・筆ぐるめ・筆王
で横並び。

新しい機能を試してみたいとか、毎年新しく収録されるイラストなどから選びたい、ということがなければ、基本的な機能はかなり前のバージョンで揃っていると思われます。
ウチはオヤジが新しいイラストを期待しているので、毎年新しいバージョンを購入していますが、きりしまは基本的に宛名面の管理・印刷にしか使用していません。


てなワケでガチで比較しない人のための年賀状作成ソフト選び。
(意味あるのか、と思われるけど、この時期よく訊かれるので)

筆まめ

筆ぐるめ

筆王

次点・楽々はがき
(ジャストシステム製なので一応)

1.老舗で選ぶ

発売年

筆まめ
株式会社筆まめ、開発会社の株式会社クレオから分割
株式会社クレオは古くは日本語ワープロ「ユーカラ」を販売していた。
筆まめは1990年発売。

筆ぐるめ
富士ソフト、Jungle
1986年「毛筆わーぷろ」がルーツ
1993年発売

筆王
もともとはアイフォー(現イーフロンティア)が販売していたが、2007年3月23日にソースネクストが権利を取得した
メーカー製パソコンへのプリインストール版が存在するため、自分で選ぶことなくユーザーになっている人がいる。
(明確な表記見つけられず。バージョン番号から計算すると1996年ごろ?)

バージョン

筆まめ 24

筆ぐるめ 21

筆王 18

老舗で選べば筆まめに決まり。


2.YouTubeの動画数で選ぶ

最近はハウツーとか、YouTubeの動画で公開されていることも多いので。

筆まめ 732

筆ぐるめ 715

筆王 約14000

ただし、筆王は公式の商品紹介動画がなく、
操作説明の動画「簡単操作ナビ」がいくつも入ってることと、
ペン回しの達人を中国語では「筆王」というらしく、
ペン回しの達人動画が混じっています。
年賀状ソフトの筆王関連の動画を抽出しにくいので、
筆王の結果は評価できないものと言えるでしょう。

ということで僅差で筆まめに決まり。


以上、年賀状作成ソフトは「筆まめ」がいいでしょう。
(やっぱり使えない)

ちなみに、アドバイスとしては

パソコンにプリインストールされていた筆王使っていた人→あまり違い分からないから筆まめで

ワードとかでやってた人→便利さ段違いだからなんか買った方がいいよ

書道な人→直筆でお願いします


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1418

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2014年01月01日 23:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メモリーカードリーダー BSCR15TU3BK」です。

次の投稿は「2013年の10大ニュース」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM