ドアホンの子機の電源が入らない

家のドアホンの子機はパナソニックのVL-W600という機種。
1台、電源が入らず、充電台にのせても充電もされなくなってしまったとのこと。

そこでバッテリー側か、本体側か検証するために、健在の子機とバッテリーを交換してみたら、健在だった方も同様の症状に(うう)。

バッテリーの電圧を測ってみると、片方は3.7V、片方は4V位を示してて、別にいいんじゃん?
という感じ。

電源の入れ方とかも特になさそうだったのでググってみる。

充電ランプが点灯しません。
…(中略)…
電池交換を試しましたところ、何事もなかったように復活。
Panasonicインターホン子機充電できず(VL-W600): 御伽草子


電源が入らないし充電ランプがつかない。

…(中略)…

心あたりがバッテリー。しばらくスイッチを切っていた。誤ってたぶん12日以上無充電。

…(中略)…

ELPAのTHB-124が見つかった。これはKX-FAN51の互換充電池。さすがヨドバシ。

…(中略)…

家に帰ってバッテリー装着。ほんの少しキツめだったがぴったり。おそるおそる充電器に乗っけてみるとピンポーン!!!充電ランプが点いた。

kyonsight: VL-W600のバッテリー


バッテリーの能力がある程度低下すると電源すら入らなくなる機種のようです。
とりあえず、Amazonで互換バッテリーを注文してみる。


どれにするかちょっと迷ったけど、調子悪いのが2台なので、2個セットのバッテリーを注文してみた。

大容量800mAhって書いてあるけど、純正よりあるもののもっと高容量の互換バッテリーもあることと、ドアホンで長電話してバッテリーの持ちが、なんて話は想像できない。ので、多少の容量の差は関係ない。

純正 KX-FAN51 は 650mAh と書いてある。

到着して、バッテリーを交換すると、その状態で電源が入る。

当然充電台に載せれば充電が始まるわけで何事もなく復活した。

ふだんあんまり使わないので、バッテリーの持ちとかは関係ないので割愛。

まさかこんなにキレイサッパリ電源も入らず、充電もできなくなるとは思いませんでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1346

コメント (5)

匿名:

本体VL-MW102K/子機VL-W600パナソニックの古いインターホンを使用しています。

子機も2台あり、この情報を見て、まったく同じ状況だったので、すぐに電池を注文しました。

なんと、電池を交換したとたん、電源ON!!!
2台ともに問題なく作動しています。
あれこれ悩まず、すぐにググればよかったと思いました。

貴重なご意見、ありがとうございました。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

お役に立てて何よりです。

電池が悪いとは気づきにくいですよね。

シミズ:

私もまったく同じ症状にでくわしました。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

お役に立てて何よりです。

ぽんた:

私も助かりました。
ありがとう。

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2012年11月14日 11:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Skype 用ヘッドセットのスポンジがボロボロ」です。

次の投稿は「Nine Eagles AnyLink → General Link」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM