XPERIA SO-01B を Android 2.3 化

so-01b_23.jpg

退役して久しい XPERIA SO-01B ですが、Pocket-WiFi (GL01P) で無理矢理ナビ的に使えるので、ちょっといじってみてたのですが、 Android 2.1 っていうのも今更だよなあ、と思って、どうせ解約済みなのでいっちょ2.3化してみるか、ということで挑んでみました。


Xperia SO-01BをAndroid2.3.3にしてみました

この辺のとおりで行けばいいかな、となめてかかってたのですが、ちょっと時期が経っていたので、書いてあるままでは結局うまくいかなかったので、類推してやっつけてみました。

前提条件として、
DoCoMo製のアプリやサービスは解約しているので関係ない
完全に元に戻る必要はないと考えている
ので、そこまでは検証していないです。

使用するツールは、

Flashtool v0.9.0.0
現時点での最新版を利用。上記などで使われているバージョンなどもダウンロードできるようになっているので、それで試すこともできるかとは思いましたが。

そして、もう一つ、アップデートするためのファームウェアを入手する必要があります。
まあ、これは素性がちゃんとしていないので、いろいろな記事のリンクを参考にして何か入手していただくしかないでしょう。

今回使用したのは x10_2.3_aro.ftf っていう227MBのファイルです。

参考までに入手したファイルのハッシュ
x10_2.3_aro.ftf
MD5:1FE3CD40CA895CA16A8496BEA1096398
SHA-1: F1F76A3A230A7A145C4B6EA926E41ABB1C5A6845

この2つのファイルでとりあえず大丈夫です。

Flashtoolをインストールして、
作成される firmwares フォルダに x10_2.3_aro.ftf をコピーして、
FlashTool64.exe をダブルクリックします。
(64bit環境のため。FlashTool.exe が32bit用かな)

まず、健全なSO-01Bの人は、USBをデバッグモードにして、
FlashtoolをインストールしたパソコンにUSBで接続し、
Flashtoolのカギのアイコンをクリック。
(Root奪取)

WS000096.jpg

ログがダラダラっとながれて、
Root should be available after reboot!
と下から2行目に表示された状態で止まる。
(自動的に再起動するのかな? としばらく待ってみたが、起動してこないので、
 手動で電源オンした)

WS000097.jpg

再び接続するとログがまた流れて、
Root Access Allowed
と表示されたので、
これでRootが取れたと思われる。

次に稲妻のアイコンをクリックして、

WS000094.jpg

Flashmode
を選択してOK

WS000095.jpg

firmwares
にちゃんとイメージがあれば、
x10 2.3 aro
が出現するので、
選択して、
その右側の
Firmware Content
の一番上をクリック、
[Shift]を押しながら一番下をクリック
([Ctrl]+[A]はダメっぽい)
残りの項目は触らずOK

WS000098.jpg

画面の通り、

USBを抜いて、
電源を切って
[←]を押しながら
USBを接続する

WS000099.jpg

青い文字で
WARN - This file is ignored : simlock.ta
とレポートされているけど、
今回はSIMロック解除の話ではないので、放置。

下から4行目に
Flashing finished.
と表示されてから再起動してくると終了。

WS000100.jpg

せっかくなので、
改めてRoot奪取しておく。
(カギのアイコンをクリックするだけで全自動)
テザリングが使えるようになりますが、そもそもSIMが解約済みなのでなんの役にも立ちません。

とりあえず家のWi-Fiに接続して、
初期設定及びアプリの更新をします。
けっこういっぱいあります。
元々退役済みなので、電話帳とかのインポートとか、Googleアカウントの同期とかは無しの方向で。

なお、DoCoMo版ではなくなるので、以前から「いらねー」と思っていた Moxier がなくなっているのはありがたいです。

以上でダメな場合は、
Sony PC Companionをインストール
Android SDKをインストール
とかですかね。

2012.8.15 追記
で、2.3にして何が良くなったかっていうと、カメラの起動が速くなったことでしょうか。

それと、2.1ではバージョンが古いせいで利用できなかったアプリが利用可能になることですかね。

root化しないと使えないアプリでごにょごにょとか、
さらにいらないアプリを削って最適化とか、
SIMロック解除のファームウェアを当てに行くとかもできるとは思いますが、手順が面倒なのと、だからといって使えるSIMを持っているわけでもないのでやっていません。

あと、目立つ不具合点は、フル充電にならない(ランプがオレンジのまま)、ということでしょうか。
まあ、適当に終了して使うか、と思うのでいいですけど。

2012.9.26 追記
その後いじくってて、一回アダプターを外してもう一度充電を再開すると、緑のランプが点灯しっぱなし(充電完了)になるみたいなのを確認しました。

私はDoCoMo解約済みなんで検証していませんが、DoCoMoの回線を引き続き使いたい人もいるでしょうから、APNの設定を記録しておきます。

moperaUの場合
「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「新しいAPN(Xperia本体の三つのうちの一番左のボタン)」

名前 moperaU
APN mpr2.bizho.net
りるれロ~グ [Xperia SO-01B] Android2.3アップグレード

とやるそうです。(未検証)


※1 他社携帯電話機がテザリング非対応であることなどをドコモで確認できた端末については、APN(mpr2.bizho.net)を設定した場合、通信料金の上限額はドコモのスマートフォン定額と同等となります。各料金プランについては、NTTドコモウェブサイトをご確認ください。

設定方法 mopera U NTTドコモ

スマートフォン定額専用 アクセスポイント
接続先APN mpr2.bizho.net
mopera U アクセスポイント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1310

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2012年08月07日 23:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「免許証更新(千葉運転免許センター)」です。

次の投稿は「AndroidからiPhoneに買い換えるときに考慮すること」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM