在宅勤務に備えて揃えるもの

YouTubeとかでもいろいろな人がやってるので面白みはないとも追うけど、
やっぱり在宅勤務に入るとなると、買うモノとかそれなりに出て来て、実際在宅勤務が始まる前に用意できていることに越したことはない、と思いました。

大まかに3つのカテゴリーがあると思います。

1.在宅勤務のため、そのものに必要なもの

2.在宅勤務を効率よく、快適に行うためのもの

3.在宅ならではの必要になってくるもの

あとは続きで。


1.在宅勤務のため、そのものに必要なもの

高速なインターネット環境

普段YouTubeとかバリバリ見ない家庭でも、在宅勤務がやってくるとなるとそうは言ってられない。 ZoomなどのWeb会議ツールで常時接続だったり、在宅勤務を実現する方法がクラウドベースではなくて、会社のパソコンにリモート接続するタイプだったりと、高速なインターネット環境がほぼ必須。 クラウドベースで完結する場合はある程度低速でも戦えるかも知れませんが、この機会に回線を見直しておくべき。

高速Wi-Fi

パソコンなら有線接続でなんとかなるけど、スマホとかタブレットを併用したりするとなると、Wi-Fiも高速なものが要求される。 とはいえ、最先端のものなどは必要ないので、ここ10年近く更新していない、などという人の話。 10-30Mbpsの帯域は欲しいから、実効速度とカタログスペックなどで言うと433Mbps以上の……イマドキのワイヤレスルーターは1000越えなので新しくすれば大抵大丈夫な気がする。 10年選手ぐらいのワイヤレスルーターなどを使っているのなら今交換しておくべき。

ネット通信環境を計る

同居人、マンションなどはマンション全体で在宅勤務の浸透度合いにより回線の負荷は様々と思われる。 在宅勤務のために利用するツール類がマトモに利用できるだけの帯域が確保できているのか、 在宅勤務が浸透していくに従ってネット環境が悪くなっているのか知るためにも、 時折計って傾向を見ておくといい。

インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 | USEN GATE 02
とか測定結果でいろいろ評価してくれるのでいいかな。

自分専用パソコン

一家に一台の家族共用では無理。 在宅勤務に使うならスペックが多少へぼかろうがなんだろうが、とりあえず自分専用のものが必要。 現在は「リモートワークに最適」とか言って企業のリース落ち品などが中古で売られてるけど、あいつらだって4~5年前のモデルなので、メモリを十分に積んでSSDに換装してやれば十分現役。 ただしノートパソコンの場合、SSDへの換装が全くの素人には難しいだろう、っていうのと、企業のリースアップ品の場合、液晶パネルが1366x768っていういわゆるHDパネルなのが多いのが難点。 フルHDモデルを探そうとすると、「コレ、新品で探した方が早くね?」っていう感じになる。 新品で探すならSSDはリモートワーク用に割り切れば容量は必要ないはずなので、120GBとか限界まで削る。512GB→240GB→120GBとスペック上の性能値は下がるけどリモートワークのラグから考えたら誤差レベル。それでもHDDよりはムチャムチャ速い。 フルHDパネルの新品でも他のスペックを切り詰めれば10万円ぐらいまででなんとかなったりする。 ついでにゲームもできるノートとか無駄づかいだからやめた方がいい。ゲームやりたかった人がゲーミングPCを買えば在宅勤務もできるじゃん、と考えるのは自由。 ジャンクPCとか買ってきて修理すれば1台ぐらい増えるって人はアドバイス不要なはず。

Webカメラとか、Web会議ツール用のデバイス

ノートパソコンで、内蔵している場合はそれでもいいんだけど、装備されてないとなるとなんか調達が必要、っていうわりにはすでに市場で枯渇してて手に入らない。ウェビナーの講師とかっていうんでなければ特別凝った製品でなくても全然構わないんだけど。 スマホやタブレット等で代用するか、スマホのカメラをWebカメラにして使うとか、そういう対応が必要。 あと、HDMIキャプチャーデバイスとHDMI出力のあるデジカメとかビデオカメラっていう組み合わせもアリだと思う。 (HDMIキャプチャーデバイスの潰しがきけば。あ、でも価格高騰しているWebカメラを買うくらいなら意外とイケるんじゃ)

2.在宅勤務を効率よく、快適に行うためのもの

チェア

きりしまは自分のパソコンの前では高級チェアのオカムラ コンテッサを使っているので、ずっと座ってても割と平気です。椅子大事。 もう大分古くなったので元は取ったんじゃないかなと思うぐらい、満足度が高いです。 実際在宅勤務で家の中をウロウロする人もいないと思うので、勤務時間中はずっと座ってると思います。 パソコン越しでできるから在宅勤務しているっていう人が多いと思うので、長時間座ることになる椅子はちゃんとしたものを使うべきだと思います。

アーロンチェアも評価が高いのですが、コンテッサのメタルパーツのゴージャス感が好みですね。
ゲーミングチェアとかでもいいのかもしれませんが、きりしまは座面がメッシュで蒸れないものの方が好みです。
冬場は寒いけど、そんときはブランケットなどで。
高級チェアやゲーミングチェアが買えない人は、クッションや肘置きを検討するといいでしょう。
あと、オフィスから出たと思われる中古のチェアはなかなかいいと思います。専門のお店がありますね。

ヘッドセット

電話しながらパソコンを操作する業務の方には便利。会社のケータイとペアリングして使う。 基本的に在宅勤務中は、電話やWeb会議以外(つまりリアルで)会話しないので、ヘッドセットで電話とかできると手が塞がらなくていい。 会社だと、ヘッドセットだと電話中に話しかけられたりしてしまうので、通話中のアピールとしてはイマイチ。

テスクライト

在宅勤務だとパソコンの業務がメインで明かりとかあまり関係なさげですが、たまに何か書いたりするときは、手元を明るく照らせるといいと思います。

PCメガネ

邪魔しに来る他の社員がいないので、パソコン作業に集中してしまうので、目が思いのほか疲れます。 PCメガネのブルーライトカットがあると大分楽ですね。きりしまは度付きのは遠くを見る用しか用意していなくて、パソコン作業の時は基本的に度なしのJINSのPCメガネになりますが、まあコレはコレで。

スマホ

在宅勤務でリモートデスクトップ系のものにパソコンを使っていると、パソコンのデスクトップが割と自由にならないので、別のデバイスも欲しくなります。 あと、公と私を分ける為にも、プライベート用にスマホがあるといいです。 仕事用のパソコンで恥ずかしい動画とか見た痕跡が映り込んでしまったりすると社会的に死にかねません。 また、Web会議などをする際のバックアップデバイスとして、電話回線が使えて、カメラ内蔵のデバイスとして頼りになるのもスマホならではです。

3.在宅ならではの必要になってくるもの

コーヒー

コーヒー党のきりしまとしては飲み物としてコーヒーがマストです。スーパーの安い粉でもまあ飲みますが、できればカルディとかの豆をストックして、豆を挽いて飲みたい。コーヒーグラインダーとコーヒーメーカーが必要ですね。 1日にマグカップで3杯分×3回くらい消費するので、自宅にずーっといるとみるみる豆のストックが尽きていきます。 出勤している場合は、夜に1杯(といってもマグカップなので、3杯分ぐらい飲むわけですが) コーヒー飲まない人でもお茶とか紅茶とかハーブティーのストック量を増やす必要があるのは変わらないと思う。 通勤してないと都度買い足せないのが地味に不便。

保温タンブラー

普段はフツーにマグカップとかでも支障ないですが、仕事しながらコーヒーを飲む場合は、マグカップとかだと冷めてしまうので、保温タンブラーが必要ですね。 冷たい飲み物の場合も水滴で水浸しにならない為に保温タンブラーがいいでしょう。

水筒

保温できる水筒も必要。一日中コーヒーだけ飲んでるわけにはいかないので、水筒に白湯を入れています。 そんなにガチで高性能じゃなくても、ほどほどの持続時間があればいいと思います。 ポットで時間が経ったお湯よりも、電気ケトルなどで湧かしたてのものを入れて自室に持ち込むのがいいと思います。


肩こり防止用グッズ


スティック
ホットアイマスク
在宅勤務時は本当に勤務中に歩かなくなるので、肩こり防止用グッズがあるといいと思う。
あとはやるかどうかと自室のスペース次第だけど、ストレッチ用の道具とかリフレッシュ用の道具とかを用意するといいと思う。


スマートスピーカー


BGM的な音楽を再生できる道具として、現状スマートスピーカーはかなり優秀だと思います。
好みで、Google Home(今は Google Nest だっけ)、Amazon Alexaなど好きなの選べばいいと思う。
Google Home Miniの二世代目、Google Nest Miniなんかは価格の割になかなかパワフルになっています。
また、きりしまはGoogle Home派なのですが、Google Play Musicを使って、複数のGoogle Homeで音楽を同期再生すると、
Google Home Miniでも結構立派な音楽環境が構築できます。
スマホ+Bluetoothスピーカーだと、スマホを別の用途に使うときにBluetoothスピーカーからその音も出てしまったりするし、
仕事をしているパソコン自体で音楽を再生すると、音楽再生などと、仕事用の使う環境を切り替えたりとかするとイマイチ仕事に集中できないと思います。
仕事中常時鳴らしてなくても仕事の開始時、昼休み、ちょっとした休憩、仕事上がりなどに鳴らせば音楽の果たす役割は小さくありません。

背景画像

Zoomのバーチャル背景に使います。 Zoomの標準の画像だとみんな使っててすぐマンネリ化するのでミーティング毎に差し替えたりして気分転換する。

見られたくないものを確実に隠すにはクロマキー用の背景布もあってもいいかも

スマートウォッチ

最初買った時は本当にジョブズの画像を表示するだけで喜んでたけど、運動不足解消と、仕事開始時の気分転換、あと、日光を浴びるようにするために、仕事前に散歩しようとしたら、「ウォーキング」が超役に立つ。在宅勤務にスマートウォッチ、アリだと思いました(今更)。

カレンダー

きりしまは自室の壁にカレンダーがありません。 が、仕事してるとやはりカレンダーが見たいシーンがちょいちょいあります。 スマホでカレンダーを表示するのだと、スマホを取って、ロック解除して、カレンダーアプリを起動して、と目に入るところにカレンダーがある方がなんぼかいいかと思います。 残念ながら聖グロの卓上カレンダーの2020はゲットしていないのでテンションが上がらない。


観葉植物


緑視率とかいって視野にある程度緑があるといいらしいです。
きりしまの部屋は北西の角で、冬場は超寒くなるので、観葉植物が維持できず、弱った奴らで生き残ったのは居間で第二の人生を歩んでいます。
そのうち、なんか買ってくるかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1791

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年05月12日 22:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 11.3-U2.1 がリリースされました。」です。

次の投稿は「LEDランタン スタック用ベース を作る」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM