モニタリング空撮録画ラジコンヘリ FS-IRHC051 (H2051)

R1002346.jpg

CCP の honeybee で感染したものの、
ワンコが恐れるので、封印していたラジコンヘリ熱が再燃してしまいました。

今回は、コントローラーでヘリからの映像をリアルタイムで見られる機体です。
東京マルイのカメラコプターは、撮影・録画で、見るのは後でなので回避しました。

ちなみにインドア用にカメラコプターミニも出ています。



R1002345.jpg

ローター回転中。

販売者さんの楽天サイトらしきものを見つけました。

空撮録画可能!!! ラジコンヘリ 3.5ch リモコンでモニタリング空撮録画できる!! RCヘリコプター 3色 ◇FS-IRHC051

こちらのページでは、

SKY-EMPEROR

という商品名が見えますが、ググっても特に情報は出て来ませんでした。

R1002327.jpg

箱には
JUNHANG H2051 AERIAL VIDEO SYSTEM
と書かれています。

R1002348.jpg

付属品は若干見た目が異なっていますので、
写真をアップしておきます。


サイズ:長375×高178×幅340(ローター径)mm
重量:279g
けっこう重いですね。

カメラにセットされているmicroSDカードは2GBのものでした。
フライト時間が10分程度で、ずっと録画していると、600MB位なので、妥当なサイズのメモリーカードだと思います。

動画は 640x480 の Motion-JPEG AVI形式で保存されます。
音声は記録されません。
TMPGEncによると、フレームレートは29.972fpsのインターレースの模様。
タイムスタンプはいつも 2000/12/31 0:00 で、
PICT0001.AVI から連番で記録され、ファイルを削除すると、
またPICT0001.AVIからに戻るようです。


Instruction manual が付属しているらしいですが見当たらず、
8cmのCD-Rが1枚付属しているだけでした。
CD-Rの中身は、ヘリに搭載されているカメラについてのWord形式の説明とパソコンに接続してPCカメラとして使うためのドライバでした。

ヘリ本体とは別に、カメラはカメラでミニUSBケーブルで充電するようです。
また、パソコンに付属のドライバをインストールするとPCカメラとしても利用が可能な模様です。まあ、あんまりどうでもいいですけど。

英語版のWordのファイル2つを翻訳してみましたので参考にどうぞ。
h2051manual_j.zip

とりあえず、付属品から推測するに、

R1002335.jpg

付属のアダプターか、USBケーブルでヘリコプター本体を充電し、

R1002340.jpg

付属のミニUSBケーブルでカメラを充電します。
付属のアダプターにはLEDがついていて、充電開始時はオレンジ、一定時間経過後にグリーンに変わります。
グリーンになったら充電完了(たぶん)。
カメラの方は、サイドに青いLEDがあり、充電中は点滅。充電が完了すると明るく点灯しっぱなしになる様子。
CD-R内のマニュアルに、microSDカードを外しておくと充電時間が短くなる、と書かれています。

ヘリ本体の操作は中国製機体らしくモード2(日本向けじゃないという意味で)。
とは言っても、左スティックの上下がスロットル(上昇下降)、右スティックの上下がピッチ(前後)、右スティックの左右がヨー(左右回転)の3chです。
というかモード4系の3chか。(ラジコンヘリのモード1、モード2、モード3、モード4
3.5chとあるけど、録画の開始/停止とかの送信機側での操作ができないので純然たる3chの気がするけど…。


カメラはサイドにあるボタンで録画・停止の切替。
録画中は青いランプが点滅します。
停止して青いランプが点灯になってから電源を切らないと動画が保存されません。

R1002344.jpg

カメラの向きは約90°回せますが、真っ正面は向かない感じでやや下向きです。

録画されたAVIファイルは、フツーにmicroSDカードからパソコンで読み出せます。

空撮動画(TMPGEnc Video Mastering Works 5でMP4に変換しています)

R1002334.jpg

送信機に表示された映像で飛ばせるかどうかというと、全くできる気がしません。
(それを楽しもうと買ってはみたのですが)

飛んでる様子

運動性能があまり高くないです。
が、その分操縦は簡単っちゃ簡単です。
思い通りの撮影ができるかというと話は別ですが。
撮影しようとしたら、エルロン操作はできないと、とは思います。

DSC00745.jpg

数回のフライトでカメラを固定しているビスが2本飛んでしまったので、
取り外し可能で確実なマジックテープ取付に変更しました。

ぶっちゃけ、このカメラを適当な4chヘリに積めば…。

ちなみにCCPから
9月に
TV-FALCON
という同様のコンセプトの
RCヘリが発売されそうです。

Amazonで見る限り、
FS-IRHC051と同等くらいの価格になりそうで、デキが気になります。
発売予定は2012年9月30日になっています。

商品動画を見る限りでは、コントローラーの液晶の映りが凄くいい気がします。



以下たぶん同じ商品。

3ch制御では満足できなくて、4ch機へ手を出してしまいました。
次の機体は:京商 メタルマスター4 FX-28
(FPVフライトはどうした)

2012/10/5 追記
墜落してメインローターのシャフトの部分が折れてしまいました。
付属のパーツに該当がないので修理を断念して、ガレージセール行きにします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1319

コメント (2)

まっちい:

空撮できると、ラジコンヘリも楽しそうだ。

けど、突風 → 壁激突 → 墜落で15000円が飛ぶのを考えると
ブルジョアな遊びだな~と思う。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

ちゃんと練習すればそんなに一撃では壊れないけど。
むかしは10万で何機か墜とすのが入門だったことを考えれば、数千円ので練習すればいいのでたいしたことはないと思う。

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2012年09月11日 17:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「童友社 ハイパーフェニックス」です。

次の投稿は「Nine Eagles SOLO MAXX 270」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM