Apple Magic Trackpad を Windows 7 (32bit) で使う

magic_trackpad_01.jpg

会社ノートのタッチパッド(ALPS)があまりにも使いづらいので、Apple Magic Trackpad を 買ってみた。

alps_01.jpg

会社ノートのタッチパッド。表面が耐水ペーパーのような感じで、長時間使っていると指先がすり減りそう。

あと、スクロールがWindowsマシンでは一般的な右端を上下になぞるタイプで、MacBook Airの2本指でスクロールの快適さに出会ってからは許せなく…。


最初はLogicool Wireless Touchpadが気になったのですが、店頭にデモ機があって触れたのですが、あまりに表面がぬめっとしていて(タッチ面がラバー調)気持ち悪いのと、操作性が悪いのに閉口して、

MacBook Airで使っているタッチパッドの感触を考慮して、Magic Trackpadを購入してみました。

bluetooth.jpg

会社ノートLIFEBOOK P770/BにはBluetoothが装備されていないのですが、たいした金額でもないしネットワークでつながっていないパソコン同士でちょっとしたファイルの送受信に便利なので導入してある、ロジテックLBT-UAN03C2BKを利用します。


magic_trackpad_02.jpg

とりあえず、店頭でXPERIAでサッとググって、Windows 7 でも使えそうなので購入してみました。

で帰ってきて調べて見ると、ほとんどのブログなどで紹介されているWindows 7 32bitドライバのページはなくなっていて、探しに探して、ようやく下記手順でできました。

Magic Trackpadを普通のWindows機で使う - やねうらお-よっちゃんイカを食べながら、息子語録を書き綴る

に指示されている

Boot Camp Software Update 3.2 for Windows 32 bit

をダウンロードしてきます。(280MB)

BootCamp_3.2_32-bit.exe

を7zipで展開します。その中にある

BootCampUpdate32.msp

を再び7zipで展開。

BootCamp3200aToBootCamp3200

フォルダのなかの

Binary.AppleWirelessTrackpad_Bin

ファイルを名前を変更して末尾に

.exe

をつけてexe形式にしてダブルクリック。

ドライバインストール完了後、

Magic Trackpad の電源を入れて、

Bluetoothから追加

マウスが検出されるのでそのまま追加する

ペアリングコードは 0000

ALPS フラットポイントドライバーは入れっぱなしにして、必要に応じてパームレストのタッチパットを無効にしたりすると良さそう。

で、タッチが良くなることと、2本指で縦スクロールができるだけなんですけどね。
かなりいい感じです。

できることできないことについては下記ページにまとめがあります。
Apple Magic Trackpad および 27 インチ LED Cinema Display Update for Windows について

あと、スクロールの慣性スクロールが効きませんね。
iPadやiPhoneだと誰もが無意識に使っている、ヒュッヒュツと画面を弾くことで勢いをつけて長いページをスクロールする機能です。
Windows にもともとそういう機能がないせいかもしれません。 Logicool は SetPoint などでそういうもともとない機能をソフトウェア的に補完している気がします。

文章を打っているときにタッチパッドに触れてカーソルがジャンプしてしまったりしないのでそれもありがたいです。

スクロールはそのままだと速すぎるので、3行ずつのところを1行ずつにするといい感じですが、
二本指で上にずらすと、画面が上にスクロールします。

MacBook Airとは逆向きなのが残念ですが、反転する方法が分からないのでこのまま使います。
ドライバとかちょっといじればスクロール方向ぐらい反対にできそうなのに…。
ドライバの設定で反転とかほしかったなあ。
アルプスのドライバとかで反転ができたらいいのかなあ。

【本田雅一の週刊モバイル通信】 アップルの「Magic Trackpad」を試す

なお、マウスとは得意な作業が違うので、マウスはマウスであった方がいいと思います(笑)。

クリエイティブな作業はマウス、
ブラウズなどはタッチパッドのほうが快適です。


2011.12.20追記
先日、友人のSnow LeopardのMacBook Airで気づいたのですが、二本指で上になぞると上にスクロールするのは、Lionかららしいです。Snow Leopardはスクロールバーが上にずれる、つまり下にスクロールするカタチでWindowsと一緒の動作らしいです。

LionってのはMac使いの中でも先鋭的なんですね。


2012.2.21追記
コントロールパネルがないからって作った人がいるっぽい。ただし、もともとの機能の有効/無効や設定だけっぽい。
Windows 7のためのApple Magic Trackpad コントロールパネル
今度試す。


2012.6.13追記
64ビット環境の場合は
Boot Camp 更新プログラム 3.2 (Windows 64 bit)
を使用する。利用方法は32ビット版と同一。(7zで展開してドライバをインストールしてから接続)

Windows で Lion 風にホイールのスクロール方向を反転する

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1260

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2011年12月06日 14:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハクキンカイロ PLATINUM 火口(ひぐち) 生産終了」です。

次の投稿は「Logicool Couch Mouse M515」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM