Lepai LP-2020A+ のオペアンプを交換

ようやく時間が取れたので、 以前軽く改造した LP-2020A+ のオペアンプも交換してみました。

IMG_1328.jpg

中華アンプ群。左奥が今回のLP-2020A+、中央がオペアンプソケット式のLP-2024A+、右側がTAA2008搭載のLP-2024A+。


R0016590.jpg

DIRECT用のオペアンプ周囲のコンデンサを外して、

共立エレショップから再び取り寄せた

dgcb08dsa.jpg
DIP-SOP 8Pin変換アダプター
DGCB-08DS

にソケットをあらかじめはんだ付けしたものをはんだ付けします。

1回少し斜めについてしまったときのやり直しの際にあっさり3番のランドが剥がれてしまったので、R28へリード線で無理矢理配線しています。
(この赤い基板はランドの密着が弱いような記事をどこかで見たような)

R0016592.jpg

今回は、昔から持ってるハンダじゃなくて、
音響AV機器用という銀入りハンダ

を使ってみています。

R0016668.jpg

オペアンプの取り外しは、ランドが弱いことを考慮したら、このように、ニッパーで脚を切って取り除いてから1本ずつ切った脚を取り除くようにしたほうがよさそうです。


R0016670.jpg

コンデンサーも取り付けて、試聴してみると、右チャンネルが全く音がしません。
ボリュームを0にしぼるとなぜかかすかに聞こえる状態でした。
オペアンプを外して、ソケットと、接続先になる部品との導通をしらべたところ、2番がつながってませんでした。追いハンダしても全く導通しないので、2番も変換アダプターの脚からリード線で接続されるはずのC42のチップコンデンサにバイパスしました。

オペアンプはLP-2024A+の時にはあまり評価が高くなかったMUSES02。
LP-2020A+だと、MUSES8820より高級感のある音がするような気がします。

とりあえず鳴るようにはなったので、市場にも残り少なくなっているLP-2020A+のタマを無駄づかいしなくてよかったとほっとしています。

同時に、
入力部のカップリングコンデンサにフィルムコンデンサを並列で入れてみたりしましたが、効果はよくわかりません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1635

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2018年05月13日 18:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Lepy LP-2024A+ を改造する(5) ボリュームのノイズ対策(2)」です。

次の投稿は「FreeNAS 11.1-U5 で smartd_daemon が動かない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM