Google Home を買った

DSC01886.jpg

タッチパネルの次の新しいIT利用方法「音声」の家庭への第一の刺客、Google Home が日本に上陸したのでポチってみた。

9日の朝に注文して、11日に到着。シンガポールからだけど超速い。


住所がなぜか注文を受け付けたメールの表示通りでなく、クロネコヤマトさんから問い合わせがケータイに。(連絡先ケータイになってた)

アルファベット表記になっていて、なぜかTokyoが追加されてて(違うし)、
町名がなぜか入ってなかった。
まあ、電話で答えたら2時以降に持っていきます、とのことでした。クロネコヤマトスゲェよ。
あいや7桁郵便番号がすげぇのか。

まあいいや。

段ボール箱を開けると割と大きな箱。

開け方は下の方のシールを2ヶ所はがすみたい。
オレンジの印でわかり易い。

DSC01885.jpg

外側のスリーブ状の部分をスポッと抜くと、

DSC01886.jpg

中央から折れるような構造になってて、
Google Home が出現。

本体の下にはACアダプター。

DSC01887.jpg

なんか、このコードの付け根の不安感が。
まあいいや、そのうち互換アダプターとか出てくるだろう。

電源を入れたらあとは、Google Home アプリで設定するらしい。

DSC01888.jpg

一応、iPhone用のアプリもあるので、それで設定してみた。

特に問題なく設定できる。

音楽流すために Google Play Music を有効にする。
まあ、他に制御できるような家電もないし。

マルチユーザー設定の仕方がどうにも見当たらないので、
Android のアプリもダウンロードしてみたところ、若干設定できる項目が違うみたい。
やはりフル機能を活かすにはAndroid必須かも。

でもやっぱりない。

マルチユーザーの設定は、Google Home の「共有の端末」に進み行いますが、現時点で日本語だと上手く設定できないようです。
Google Homeのマルチユーザー機能が販売国全体に拡大 | juggly.cn

あれ。
まだできないのか…。

どーん。

リビングに自分しか使えないスマートスピーカー。

まあいいか、そのうちできるようになるだろう。

音楽を再生してみると、
重低音が誇張された感じの音で、JBLのFLIP3とか思い出す音色。

BGM的に再生するのがメインなんでもうちょっと控えめな設定でも良かったな。

それか、ステレオミニプラグや、Bluetoothスピーカーを接続する前提のスピーカーレスモデルが欲しいところか。


初期設定の流れはここが詳しい。
「Google Home(グーグルホーム)」の使い方 完全ガイド | アプリオ

音声コマンドの例
Google Home ヘルプ

Google Home で Google アシスタントに話しかける

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1616

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年10月11日 22:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Lepy LP-2024A+ を改造する(4) ボリュームのノイズ対策」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM