FreeNAS 11 へのアップグレード

FreeNAS 11 へアップグレードする場合は、

freenas11upgradegui_01.jpg

稼働中のFreeNAS 9.10なら、
System - Update -
Train をプルダウンで
FreeNAS-11-STABLE
に変更して
Yes
Check Now
OK
しばらく待つ

か、
FreeNAS 11のインストール用のUSBメモリを作成して、
そのUSBメモリから起動して
Upgrade
かと。


FreeNAS 11のインストール用のUSBメモリから起動すると、

freenas11upgrade_01.jpg

シリアルコンソールからインストールできる機能が、(Serial Enabled) の方だと思うけどよくわかんない。

freenas11upgrade_02.jpg

freenas11upgrade_03.jpg

ESXiの仮想環境なのでわかりづらいですが、実機のUSBメモリならどれに[*]を入れればいいかわかりやすいと思います。

freenas11upgrade_04.jpg

freenas11upgrade_05.jpg

新しいバージョンの起動環境を追加する(既存の環境を残す)か、
全領域をフォーマットして新規インストールするか選べるようです。
アップグレードの場合は、
「Install in new boot enviroment」
の方で。

freenas11upgrade_06.jpg


freenas11upgrade_07.jpg

freenas11upgrade_08.jpg

freenas11upgrade_09.jpg

シャットダウンして、USBメモリを抜いて再起動する。

アップグレード後、
Storage - Volumes から
ボリュームを選択すると、下に緑色の↑がアップグレード。

freenas11upgradegui_02.jpg

ここから、ボリュームの Flag をアップグレードできますが、これをアップグレードすると以前のバージョンに戻せないらしいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1604

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年06月21日 15:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 11.0 の新機能」です。

次の投稿は「FreeNAS 11 のインストール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM