ハンドスピナーのベアリングを交換してみた

ハンドスピナーを買ってみたで購入した中で、一番お気に入りのハンドスピナー

R0016057.jpg

のベアリングの精度が悪いのか、回転がぶれるので、国産のベアリングを試してみた。

R0016065.jpg

もともとのベアリング。10球。


寸法調べてみた限りでは、

外径12.7mmx内径6.35mm×厚み5mmって感じで、

188

という寸法みたい。

Amazonでは、NSK の R188ZZ だけ出品があったので買ってみた。
(ZZはシールド付きらしいが開放型の選択肢がない)

R0016066.jpg

シールド付き。
このままはめてみると寸法はぴったり。
ただ、無音で安定して回るけど回転抵抗が相当あるようで15秒くらいでヌーッと止まる。

R0016067.jpg

シールド外して、脱脂してみた。8球。

シールドはCリングで押さえられているわけではないようなので、針で内側のリングとのすき間をこじって外しました。じわじわと5mmくらいやってると、パキッと外れる。あまり力はいらない。
グリスは無水エタノールでは塊がラチがあかないので、
楊枝でグリスの塊をほじって、
パーツクリーナーで吹き飛ばして、
無水エタノールで洗って
エアダスターで乾燥させました。

グリスがべっとり入ってて、耐久性と回転抵抗がトレードオフなんだろうなあ、と思った。

けど、ハンドスピナーのベアリングなんて耐久性気にするようなモンじゃないし。

脱脂するとシャーッという音がするようになる。

結論:回転のブレはなくなったが付属のベアリングよりは回らない(1分くらいかなあ)

本当はコレを買わないとだめっぽい!?

NSKマイクロ製 国産フラットベアリング サイズC(ハンドスピナーにも!) / NSK Micro bearing Size C

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1601

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年06月09日 23:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハンドスピナーを買ってみた」です。

次の投稿は「FreeNAS 11.0 が来た」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM