Seagate NAS HDD が壊れた

FreeNAS に使用している
Seagate NAS HDD ST2000VN000 が壊れました。
S.M.A.R.T.のショートテストをパスしない。

RAIDZ2を構成しているドライブなので、
とりあえず予備のドライブと交換して、念のためSeagate の RMA を確認。
7月まで有効だったので、早速発送しました。

フォームが日本語表示なのに日本語が通らなくて、過去の自分の記事を確認して英語で入力して、国内の送付先の住所も同一であるのを確認して、クロネコヤマトで日本語表記で送りました。

一頃集中して購入してたNAS HDDは保証期間が長いのが幸いした感じだけど、価格差ほどはお得でない気もするかなあ。
ただ、2TBはDESKTOP HDDだと7200rpmなので、NAS用途なら、5900rpmのNAS HDD現Iron Wolfがいいのかなあ。
4TBだと、DESKTOP HDDも5900rpmになるからなおさら迷うなあ。


Seagate の 保証および交換 を利用する
Seagate の RMA の利用方法。
Seagateは千葉県が返品先の選択肢にあって発送が楽。

R0016094.jpg

届いたドライブは、
後継品のIron Wolf ST2000VN004でした。

Recertified Product
ということで修理品ってことですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1599

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年05月24日 20:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「VMware ESXi 6.5」です。

次の投稿は「ハンドスピナーを買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM