FreeNAS Corral のインストール

FreeNAS Corral のインストール手順は従来とほとんど変わりません。


まずはダウンロードしたisoファイルでブート。
USBメモリならWin32diskimagerとかで作成すればOK

freenas_corral_01.jpg

freenas_corral_02.jpg

1 Install / Upgrade

freenas_corral_03.jpg

インストール先のUSBメモリなどを選択してOK。


freenas_corral_04.jpg

現在のFreeNASはインストール先のドライブはデータが全部消え、
共有領域としては使えないので、
あまり容量が大きかったり、高速なデバイスを使う必要はありません。
その注意と確認。

freenas_corral_05.jpg

起動後にGUIにアクセスするために必要な root の初期パスワードを設定。


freenas_corral_06.jpg

画面サンプルでは、ESXi上の仮想マシンで、Boot via BIOS じゃないと起動しなかった。

インストールに必要な設定は以上。

あとは、手元の環境では30分ぐらいひたすら待つ。

freenas_corral_07.jpg

1646秒、約28分かかったって教えてくれる。

freenas_corral_08.jpg

一旦シャットダウンして、インストールメディアを外して再起動。

freenas_corral_09.jpg

しばらくするとこの画面に。
DHCPでIPアドレスを取得して、

Web interface URLs

として表示されているので、そのアドレスへブラウザでアクセスすると、

freenas_corral_10.jpg

こんなログイン画面が表示されますので、
root

さっき設定したパスワードで
Sign in
して初期設定を行います。


FreeNAS Corral の初期設定

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1585

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年03月28日 19:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS Corral が来た」です。

次の投稿は「FreeNAS Corral の初期設定」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM