FreeNAS を 2ドライブで使う

FreeNASに最適だと思っていたケース Fractal Design の node 304 がなくなってから、このカテゴリをになう、mini-ITXで3.5インチシャドウベイたくさん、というケースが出てこないので、それならいっそ、2ドライブでミラーリングで使うことにすれば、コンパクトな構成が可能か?

と思いました。

 

筆頭はこのケースでしょうか。
mini-ITXで、
2.5インチシャドウベイ×2
ただ、ディスクの冷却はあまり考えられていないでしょうから、低回転・低発熱のドライブを選ぶ必要があるかと思います。
FreeNASとして使うなら、あまりハイスペックにしなくてもいいとは思いますけど。


マザーボードは

この辺でしょうか。
RGB出力が必要なら

SATAが2系統あれば十分ですから、他のメーカーのものでも別に問題はないと思います。


 

ハードディスクはこんなのでしょうか。容量を増やすときはミラーリングしているドライブを1つずつ、2台大きな容量のものにすればいいだけなので、現状妥当な容量のものをチョイスすればいいかと。

メモリーとブート用のUSBメモリはなんかテキトーなので。

2ドライブでよければ、キューブ型のケースを選べば、3.5インチのハードディスクも使うことができますが、3.5インチシャドウベイは1つのものが多く、2つ以上あってもハードディスクのエアフローを気にすると今ひとつ…。みすみす5インチフロントベイに3.5インチハードディスクを搭載するのも割高になるし結局スペースの無駄だし。

それならミニタワーなどのケースで4台ぐらい摘んだ方がよさそうな感じになってしまいます。

  

hp MicroServer N54L のコストパフォーマンスとFreeNAS用途への適性は半端ない感がまだ続いています。
Fractal Design node 304 を使用したFreeNAS機については
自作 FreeNAS 機 (2)
FreeNAS で USB 3.0 を有効にする
ASRock N3150-ITX
この辺参照。

なぜそうまでしてFreeNASで構築するのにこだわるかというと、ディスクの障害以外も部品交換で乗り切りたいから、かな。

こういう商品だと、ディスク以外の障害は本体交換となるだけで、ディスクの中身は救出できないので。
(修理を依頼しても、新品の本体が無償または有償で届くだけ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1565

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2016年09月18日 13:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ペリカーノ Jr ピンク」です。

次の投稿は「Yoga Tablet 2 (1051F) はいまこそ買い時、かも?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM