FreeNAS 9.10 が来た

FreeBSDベースのNASを構築するためのフリーなOSのFreeNASが、9.10をリリースしました。

FreeNAS 9.10 Released


NAS構築に特化されたOS「FreeNAS 9.10」リリース | Think IT(シンクイット)

びぎねっとITニュース » NAS構築に特化されたOS「FreeNAS 9.10」リリース

FreeBSD 10.3 ベースとなり、
Skylake CPU や I219-V/I219-LMギガビット・イーサネットコントローラ のサポート、
plugin jailのテンプレートが FreeBSD 10.3 に更新
仮想化機能「bhyve」の追加

などが行われている模様。

USB 3.0がデフォルトでサポートされているので、新しいハードウェアを使ってる人には朗報かもしれません。
ひと世代前のパソコン転用などで、枯れてるハードウェアで動かしている人はそんなに慌てることもないかも知れません。

ただ、FreeNASの「セットアップが簡単で、堅牢なファイルシステム」上に仮想マシンが構築できるようになるとすると、VMware ESXi などのようにディスクの保護については別途なにか考えなければならなかった点に比べれば、もしかしたら朗報かもしれません。(VMware ESXi のディスクとして、FreeNASのストレージをiSCSI接続する、なんて環境を用意している人も結構いるのではないでしょうか?)
ただ、bhyveはサポートし始めって感じですので、FreeBSDの文献とかにあたってコマンドラインで挑戦できるつわものどもによってこなれてくるまでか、FreeNASのGUIでjailの一種のように使えるようになるまで慌ててもしょうがないような気がします。


とりあえず、公式のダウンロードからは、isoイメージしかダウンロードできません。

isoイメージから新規インストールする手順は従来とあんまり変わらないようです。

FreeNAS 9.3 の新規インストール
FreeNAS 9.3 をUSBメモリでインストール
(横着してUNetbootinでUSBメモリ作ったらダメだった。FreeNAS 9.10もWin32DiskImagerで作るのがいいみたい)

既存の環境をGUIでアップデートする場合は、

freenas910_update_01.jpg

System - Update から、

freenas910_update_02.jpg

Current Train: を 「FreeNAS-9.10-STABLE」に変更して、

Check Now

から実行できます。

freenas910_update_03.jpg

OK をクリックしたらあとは待つだけです。

freenas910_update_04.jpg

画面自体は従来とあまり変わらなく、特に違和感はないです。

plugin も MiniDLNA はそのまま動いてるみたいです。

FreeNAS上からのアップデートができない環境の場合などは、ISOファイルで起動するとインストールと同様にアップデートができるようです。

freenas9_10.jpg

1 Install / Upgrade

そうそう、 USB3.0 に対応したので、FreeNAS で USB 3.0 を有効にする必要はなくなったと思われます。

(Braswell N3700 のマシンでフツーにISOファイルを焼き込んだUSBメモリが起動しました)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1543

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2016年03月30日 15:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Lenovo Yoga Tablet 2 Windows (851F)」です。

次の投稿は「Windows 10 1511 に手動でアップデートする」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM