自作 FreeNAS 機 (2)

ぼくのかんがえたさいきょうのFreeNAS機みたいな(苦笑)。

hp ProLiant MicroServer が終息し、後継の商品が見当たらないので、自作機を用意してみました。Fractal Design node 304 に ASRock N3150-ITX を組み込んで2TB 6ドライブの FreeNAS を構成しました。予想以上に CPU パワーは十分でしたが、ここでちと誤算。

ZFSの場合、容量の80%ぐらいが通常使用の限界点なのです。

ということで、予定していたファイルが全て格納できないため、2台目を用意する必要が出てしまいました。


幸いというかなんというか、1台目の FreeNAS へデータを転送してカラになった2TBのハードディスクが8本ほどありますので、ハードディスクには苦労しません。

それで、今回はケースを大きくして、8台構成を、とちょっと思ったのですが、ケースはまだしも、マザーボードがSATAポート×8というのがかなりフツーじゃないことに気づきました。

そこで、再び6ドライブ搭載可能な、 Fractal Disign node 304 の出番です(苦笑)。

同じケースならスタッキングもできるしね。と乱暴なことを考えながら、売り切れてしまっている黒の代わりに白で構成してみました。

左右のメッシュが黒い塗装なのが惜しいですが、割とクールな感じだと思います。

あとは構成ですが、手元にSATAカードの余りがないので、
mini-ITXで6ポートを持つマザーボード、というところから入ります。

 


以前ノミネートしていた GA-Z97N-WIFI が安かったので、WIFI機能を最初から捨ててこれを選びましたが、別にZじゃなくていいので、 GA-H97N-WIFI でもSATAポートが6つあるのでいいと思います。(今は GA-Z97N-WIFI はずいぶん高くなってしまっています)

CPU。FreeNAS で CIFS を運用するだけならさほどパワーは要求されないので、容赦なく LGA1150 で一番安い CPU として G1840。TDP 54W にくらっと来ますが。

メモリ。CFDのいつもの16GB。CL9のほう。このマザーボードはフツーのデスクトップ用メモリを使用。

電源は、80 PLUS Platinum認証電源でなんか、ということでこれ。オウルテックのAURUM92+もいいと思うけど、ショートスパンケーブルが、ハードディスクが互い違いにマウントされるこのケースに合わない…。
できれば、PCIe用の8ピンケーブルが着脱可能な電源がいいんだけど、AURUM92+は固定だし、値段との折り合いを考えて。

あとは、SATAケーブル。

手持ちが枯渇したので買いました。30cmの4本にしましたが、長さの違うのを組み合わせて絶妙な長さで配線してもいいかもしれません。

DSC01428.jpg

SATAケーブルがまだ納まっていませんが、CPUファンがあるというだけで配線が面倒。
ファンレスの N3150-ITX の場合は気にしなくていいのがスゴイ。

DSC01430.jpg

消費電力は60W~70Wくらい。
N3150の構成だと、45Wくらい。やはりスゴイです。Braswellの6W。(G1840はTDP 54W)


z97n-wifi-502.jpg

さすが Intel チップなのかどうかは分かりませんが、N3150-ITXよりスコアがイイです。
このマザーボードはRealtekのチップも積んでるデュアルなのですが、面倒なんで切り替えてベンチマーク取っていません。

z97n_cpu.jpg

z97n_em0.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1528

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2015年10月25日 23:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「超整理手帳 2016」です。

次の投稿は「Creative Cloud秋の大感謝セール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM