FreeNAS で hp MicroServer をWOLで起動する

ほとんど電源入れっぱなしか、必要な時に手で入れていたので気にしていませんでしたが、FreeNAS (というかFreeBSD)は、hp MicroServerにオンボードで搭載されているBroadcomのチップの対応の更新を2013年あたりから忘れているようなので、せっかくハードウェアが対応していても、そのままでは WOL できないと言う状態です。
(BIOSではデフォルトで有効になっているのも関わらず、です)

経緯などの推測は、

HP ProLiant MicroServer - PIBの「2014-08-03: FreeBSD 系での Wake On Lan」に詳しく書かれています。


ので、Diary: xiphio(2014-05-19)で紹介されているFreeNASのフォーラムからファイルをとってきて実施してみたところ、FreeNAS 9.3でもWOLに成功したので、まだ通用するようです。
(ただ、FreeBSDのオフィシャルに組み込まれてくれないといつまでもこの調子かと)

QUESTION - Wake On Lan | FreeNAS Community

#42でvannhiさんって人が貼付している、 if_bge_patch_9.2.1.zip を使用します。ここにもおいてあるみたい http://vannhi.fr/freenas/index.php

vannhi.jpg

展開して、

if_bge.ko

ファイルをFreeNASの共有フォルダなどにコピーして、
そこから組み込みます。
(フォーラムからダウンロードした if_bge.ko ファイルの展開後のMD5は 90E20BE231193B0DC75DF972C43DBE9C でした)

ファイルの正規性が気になる人は、NAS4Free の適当なバージョンから抽出するのがよさそうです。(#65 で FreeNAS 9.3で動作したと書いている人のリンクに説明があります「Waking up and shutting down FreeNAS „on demand”」)


FreeNAS の Shell を起動して、(Shellは下の方にあります)
コマンドラインで、

freenas_wol_01.jpg

# mount -uw /
# cp /mnt/tank/media/if_bge.ko /boot/kernel

(/mnt/tank/media の部分は各自の環境に合わせてください)

シェルを抜けて

freenas_wol_02.jpg

System - Tnables - Add Tunable
より、上記の様に設定する
FreeNAS 9.3では、Type: っていう項目があるけど、デフォルトのLoaderにしておいた。

この状態で再起動して、
Shellで、

# ifconfig -m bge0

とやったときに、

freenas_wol_03.jpg

上記の様に、options や capabilities のところに「WOL_MAGIC」という項目があれば成功です。

シャットダウンして、WOLツールなどで、

ether の欄に表示されているMACアドレスを叩いて起動するかみてみましょう。

Wake on LAN for Windows

また、アップデートなどでファイルが書き換わってしまった場合は、都度やり直しって感じみたいです。

ただ、設定してみたものの、自分は結局使わないかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1481

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2015年01月02日 18:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 9.3 からのアップデート方法」です。

次の投稿は「iOS 8 の iPad からだと、マイナー前の Apple TV では AirPlay ミラーリングができない(わけではなかった)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM