Cybershot DSC-WX30

DSC00143.jpg

Sony Cybershot DSC-WX30

 


動画デジカメとして購入して、何かの機会に先日オヤジに貸したきり取り上げられてしまった(ハンディカムだと重たいのかバッテリーが持たないのか撮った動画が活用しにくいのかは知らないが、借りっぱなしで返してくれない)Sanyo DMX-CG9(R) の後継として、
メインに使うカメラ、 GR DIGITAL の弱点を補完するために、

・他の人に撮影をお任せしてもそつなく撮る機能
・動画撮影機能
・それなりのズーム

を目的に購入。
まあ、割とどのメーカーのどんなデジカメでもいいかと思っていたのですが、

CMの北川景子が可愛いのと、
ヨドバシの店頭で結構安かったので、これに決めました。

色はどれでもいいと思ったので、イメージカラーっぽいパープルにしてみました。
(いつもはマクロ時の映り込み重視で黒ボディ(笑))

ずっと前に購入したもののレポートしてなかったので、後継のWX300購入を機にまとめてみる。


買ってから気づいたんだけどインテリジェントパンチルター IPT-DS2

に対応していて、パーティーショットができるのが割と面白い。

顔認識をしてシャッターを切るのと、人間が構えていないので、ちょっとした自然な笑顔などを撮ってくれます。

メインに撮るカメラは別に用意して、パーティー会場内に設置してほったらかしておくといいでしょう。

オーダー撮影の様子。手を叩くとそちらの方向に向かって顔認識して写真を撮り、180度ターンして仕上がりを見せてくれる愛嬌のある動作をします。

小さな子にオーダー撮影を教えてあげるとひたすらリクエストされて大変そうです。

惜しむらくは、 IPT-DS2との接続にUSBポートを使うのに、ここから給電してひたすら撮り続けられないことです。(IPT-DS2は単三形乾電池2本駆動で、ACアダプターとかのオプションがない)

北川景子のサイバーショットのCM関連動画

公式じゃないっぽいけど。

カメラ単体としては、やはりプレミアムオートのシャッターを複数回合成して無理矢理高感度を実現するデジタル感が特徴かな。
画像が荒れたり、作ってる感が出たりするのはお構いなしで、「見られる写真」になればいいというなりふり構わなさが、一般の庶民向けのデジカメとしてあるべき姿かなと。

タッチスクリーンなので、設定とかみんなタッチスクリーンで操作するんだけど、使いにくい。

出先で使いながら設定変更するのも面倒なので、オートでお任せにするばっかり。

ありがたくないのは動画録画ボタンまでタッチスクリーンってことかな。カメラを構えて録画スタート、っていうのがやりにくい。
録画開始してから持ち替えてカメラを向けるので後で再生するときにクラクラする。

ボディは小柄で軽量なので持ち運びにもかさばらないのはいいかな。

動画も期待には十分応えてくれてると思う。
YouTubeに上げてるのはほとんどWX30で撮った動画を編集したもの。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1396

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2013年10月02日 13:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「録画用ハードディスク AVHD-UR2.0B」です。

次の投稿は「Cybershot DSC-WX300」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM