カシオ計算機 ツイン液晶電卓 DV-220W-N を買ってみた

DSC00308.jpg

私が会社で使っている電卓には[税込]・[税抜]ボタンがありません。
業務上税の計算はちょくちょくやるもので、面倒なのであたらしい電卓が欲しいなあ、と思ってはいたのですが、現在の電卓は使えていますし、以前自腹で電池も買ってきて交換したので、何かいいところがないと買い換えられないなあ、と電卓売り場を眺める日々でした。

ところが今日、カーボンヒーターの捜索に近所をうろうろしたついでにいいのを見つけたので買ってきた次第です。

DSC00312.jpg

カシオ計算機 DV-220W-N

目玉は2つの液晶。

当然、入力する対象の液晶を切り替えて、それぞれで計算できます。計算の途中の数字を控えておいたり、もう一方の液晶に値を渡したりできます。

もう一つ便利なのが、税込みボタンを押したとき。税込み金額と消費税額がそれぞれの液晶に表示されます。
(大きな数字の時に億万桁表示といって下4桁切ってくれる機能もあるけどこれはあんまり期待していない)

とりあえず早く仕事に投入して実力を見て見たいところです。

電卓としては、もともと使っているのもカシオ製なのであまり問題はないと思います。

ビジネス用に使うときは、前の数字キーを離さないうちに次の数字キーを押しても入力を受け付けてくれることが大事なのですが、前のキーを離すと次に押していたキーの数字が入るので十分です。
安いのとか古いのとかはこれができなくて速く計算しようとするとうまくいかないんですよね。

あと、これはどうでもいいことですが、Cが真っ赤じゃなくて、ややピンクっぽいのがなんだか可愛らしい気がします。億万表示や億、万のボタンの文字の青とか、税込、税抜ボタンの薄い緑色など上品な気がします。

ケイヨーD2で購入しました。


2012.8.8追記
使ってて意外に便利なのが、ツイン液晶の小さい方が、液晶の表示が消えても数字を保持していることでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1270

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2012年02月21日 23:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カーボンヒーター 山善 DCT-J061(B)」です。

次の投稿は「エースコンバット アサルトホライゾン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM