ボージョレ・ヌーボー 2010 「二人のマリアンヌ」

R0014850.jpg

2010年のボージョレ・ヌーボー解禁日のワインは、ジョルジュ・デュブッフを買うのをやめて、コレにしました。

Domaine Jean-Pierre Gonnet Beaujolais Nouveau "Deux Mariannes" 2010

検索したときに出て来た
アカデミー・デュ・ヴァンPDFによると


ACADEMIE DU VIN BEAUJOLAIS NOUVEAU 2010 ご案内 今年のヌーヴォーはいつもに増して心躍る、オート・クリュールの特別な1 本

初の“Jeunes Talents”コラボレーション企画が実現

~アカデミー・デュ・ヴァンは、ボジョレーの未来を支える若い才能を応援します~

2010年のボジョレー・ヌーヴォーに向けて、世界14 カ国でモード界のプロフェッショナルを養成する「ESMOD(エスモード)」にて
初の「ボジョレー・ヌーヴォー ラベル・コンクール」が実施されました。
選ばれたラベルを貼るのは、自然派の若手代表格「ドメーヌ・ゴネ」のワイン。
募集作品約80 点の中から、「ドメーヌ・ゴネ」のワインに最もふさわしい「最優秀作品」1 点を選び、<2010 年限定ラベル>としてリリースされること
となりました。
素晴らしいラベルデザインによって、一層存在感溢れる1 本となった若手自然派代表格「ドメーヌ・ゴネ」のワイン。
優秀な「造り手」と「デザイナー」という、2 人の若い才能によるコラボレーション・ワインを限定本数にてご案内申し上げます。

【2010 年最優秀デザイン】
“二人のマリアンヌ”
Deux Mariannes
テーマは…
時代をときめくフランス女性 “マリアンヌ”
二人のミューズに誘われ
2010 年のボジョレー・ヌーヴォーが
到来します

“ladybird”と呼ばれる自然派の象徴
「てんとうむし」をさりげなくモチーフ
整然と向き合う
二人のマリアンヌに自らを投影し
ボジョレー・ヌーヴォーを楽しむ時間を
今から思い浮かべるのが一層楽しい
ラベルデザインです

Dessinée par Yu SHIMADA

とのこと。

ドメーヌ・ゴネ×嶋田 悠

のコラボが、モードのスクールであるESMODと「どこの」コラボなのか調べがつきません(ESMOD Japonがコンクールを開催して、ドメーヌ・ゴネのボトルにつけさせてもらったのかな?)が、かわいらしいラベルは、ジョルジュ・デュブッフのボージョレに比べても良い感じがします。

(いわゆるフツーなラベルのもいっぱいあるにはありますが)

今回は東京駅のグランスタで購入。
もうそろそろブームの火付け役のジョルジュ・デュブッフで前年比較ごっこもやめていいかと。

単純に、ワインの新酒の収穫祭的に飲めばいいかな、なんて、プロシュートとチーズを合わせて買い込んできて、19日になりそうな23時台にようやく飲みました。

ボージョレらしい軽い飲み口ですが、わりとしっかりした味わいでなかなかおいしかったです。
疲れも溜まっているのか、半分ぐらい飲んだ所で激しい睡魔に襲われて一人宴会終了。

2010年のワインもまたおいしくなりそうです。
(今年のは避けた方が良さそうとかいつもない(笑))

ボジョレー2010 - まっちい めも2

まっちいはBeaujolais Villages Primeur Le Pont Du Diable Domaine Joubert par Junko Arai 2010にしたそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1183

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2010年11月24日 12:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-」です。

次の投稿は「ATOK for Android トライアル版」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM