GXR

レンズ交換式ではなく、レンズと撮像素子がユニットになっていて交換可能なデジカメがリコーから GXR として発売されるようです。

GXR

なかなかおもしろそうな商品だとは思います。


ただ、カバンの中に常に忍ばせておいて、サッと取り出して撮る、というスタイルのためにデジイチをあきらめている身としては、たぶん選択肢に入らない大きさだろうなと。

それと、ユニット交換式の利点をアピールするには、ユニットを複数持ち歩かなければならないので、なおさらないかなあ。

ズームが使いたいときだけデジイチがほしいけど、年に何回あるか、くらいですからね。

とりあえず GR3 続投です。( GR3 でもレンズ周りがちょっぴり厚いのがいまだに不満)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1142

コメント (2)

まっちい:

CCD含めたユニット交換ってのが新しくて面白い。

単焦点側のCCDは、APS-Cに近いサイズ。
レンズがもう少し明るければ、さらにGoodなんだけどね~。

挑戦は応援するけど、あまり売れないに1票だな・・・。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

50mm単焦点っていうレンズは、カメラの基本だと思うので、
コレはコレでアリかなあ。

…出っ張りさえなければ…。

GRシリーズは行楽地とかでも結構使っている人見かけるけど、コイツはどのくらい行くかなあ。

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2009年12月02日 10:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「GR DIGITAL III ファームウェア V2.00」です。

次の投稿は「かな有りの青軸 Majestouch ピンク」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM